MESSAGE

代表挨拶

DO PARI PASSU

私は1998年に会社を創業してから今日にいたるまで、人材に関するビジネスに従事して参りました。

その間、日本経済・世界経済は大きく変化してきました。
バブル経済の破綻以降の社会の変化や、リーマンショックによる日本経済への壊滅的な打撃。
また、人材派遣業界においては「3年の期間制限」「抵触日の新設」「派遣社員のスキルアップ義務化」「5年間の有期雇用を無期雇用化」という労働法の改正においては人材派遣業界以外にも大きく影響しています。
この目まぐるしい変化は、常に労働の価値と社会の変化に合わせて起こっているかのようです。

基本理念は「共に歩む、同じ歩調で」
新しい雇用技術を開発して、企業と求職者のより良い雇用関係を構築できるよう、共に歩んで参ります。

社会はAI・IoTの波の中に入りつつあり、労働の質が少しずつ変化しています。
これまで以上のスピードで近い将来、「労働・雇用の形態」は今とは大きく変わっています。
そのような変化を見据え、PARI PASSU株式会社はグループ存続のために適合できる姿を見つけます。

これから数年、社会の各層、各領域で大きな変化が目まぐるしく起きるでしょう。
そんな中でもPARI PASSU株式会社は、激変に恐れることなく前へ進み続けます。

DO PARI PASSU
共に歩む、同じ歩調で

鈴木 昇

PARI PASSU株式会社

代表取締役鈴木 昇